治る体に導く整体院、再光堂-自律神経のみだれ改善

こんな症状でお悩みではありませんか?

こんな症状はありませんか?落ち着かない・鬱や自律神経失調症と診断された・アトピーを薬を使わずに改善したい・なかなか妊娠しない・花粉症を改善したい・病院に行ったけど原因は特にわからなかった・長く薬を服用しているけど症状が改善しない・気分が落ち込み日常生活に影響が出ている

ご存知ですか?
これらの症状は「自律神経の乱れ」 を調整する事で改善します。



自律神経について知ってください


私たち人間の体にはたくさんの神経が通っています。
「神経」と一言で言ってしまいがちでが、実はたくさんの種類の神経から成っているのです。


・中枢神経と末梢神経

神経系において最初の分類分けとして中枢神経と末梢神経があります。

中枢神経は脳と脊髄のことを指します。中枢には「中心となる大切な部分」という意味があります。同じように、脳は物事を考えたり指令を出したりする司令塔としての役割を果たしています。そのため、これら人の体の中枢を担っている脳と脊髄を併せて中枢神経と呼びます。

それに対して、末梢神経は「中枢神経以外の神経系」を指します。

例えば、「手や足に存在する神経」や「心臓・肺などの臓器に存在する神経」などがこれに該当します。これらの神経は脳や脊髄以外の神経であり、これら全て含めて末梢神経といいます。

末梢神経は中枢神経に繋がり、そこから全身に伸びています。脳や脊髄などの中枢からのシグナルを体全体に伝えるため、末梢神経はとても重要な役割を果たしています。

・自律神経と体性神経

中枢神経からの命令を全身に伝える末梢神経は、さらに二つに分けられます。
この二つとして、自律神経と体性神経があります。

この二つの違いは、「自分の意思によって動かせるかどうか」です。
体性神経は「手を動かす」「足を曲げる」など脳で意識することで動かすことのできる神経ですが、自律神経は自分の意志では動かすことのできない神経なのです。

例えば、自律神経は消化管運動や心機能亢進などに関与しています。
食べ物を食べた後の消化液分泌は意識せずに行われ、自分の意思で心臓の動きを止めることはできません。
このように、「本人の意思とは全く関係なしに働く機能調節」が自律神経です。

 

自律神経は「交感神経」「副交感神経」の2つに分かれます。
交感神経と副交感神経は「興奮」と「リラックス」のイメージにまとめる事ができ、
交感神経は攻撃的で活発に働き、仕事などの活動している時に優位になり、
逆に副交感神経は休息や体の修復のために働くので、睡眠時などに優位になり、
そのバランスが整っている状態が理想であるのですが、現代はいろいろな要因から自律神経のバランスが正常でない人が増えています。

自律神経のバランスを乱している原因にストレスがあります。


当院では触れる程度の軽い刺激によりストレスが溜まった脳に働きかけ、ストレスを除去する事で交感神経と副交感神経のバランスを整え症状を改善します

自律神経調整コース

自律神経調整コース ¥ 5,000(税抜)

脳のバランスを整え、自律神経の乱れを調整する事により、アトピー、アレルギー、うつ、不妊などの症状を改正いたします。